忍者ブログ

本土空襲と高松空襲!一般市民から見た第2次世界大戦

第一資料に基づいて、アメリカ軍による高松空襲を独自の研究でレポートします。

予想された高松空襲、高松市民の空襲に対する危機感題 第1節

予想された高松空襲、高松市民の空襲に対する危機感

 

高松空襲がある程度予想できる要因として、近くで同じような規模、立場の岡山市が空襲にあったと言う事が考えられる。岡山が空襲された事は高松市民にとって脅威となる。

 

・「(大西林次 亀井町) 岡山市がやられた晩など、対岸の宇野かと思うほど、近くに見え、天を焦がす赤い煙、悲惨な情景を見てからは、今日か明日かと1層の緊

張の度を加えたものである」

 

・「(倉知千蔵 宮脇町) 岡山が爆撃されるのが見えた。米国に対する怒りがこみ上げて来る。と同時に高松が爆撃される事は先づ間違いないと感じた。」

 

・「(熊井輝義 香西町) 岡山に空襲があって私たちも病院の庭から北の空が紅く映るのを眺めていた。」

 

以上の事柄を考察すると、岡山の空襲が実際に高松から見えたと言う事が分かる。岡山が空襲される様子が見える事は、高松市民にとって脅威となり、また、近い時期に高松も空襲されるであろうと感じる事になる。

 

その他、「高松市史年表」の中では(7月1日 火災保険料倍額になる。千円にたいし5円50銭から、11円となった。)と記載されている。火災保険料が倍額にも増えたと言う事は、火災の危険が非常に高くなったからだと考える事ができる。すなわち、高松に空襲による火災の危険性が高まっているという時代背景が火災保険料倍額という記述から読み取る事ができる。

PR

コメント

お勧め

サイトを維持、充実させる為にご協力をお願いします。

記事を購読お願いします。

クリック

記事を読まれた方はクリック

サイトを運営する活力になります。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R