忍者ブログ

本土空襲と高松空襲、アメリカ軍の戦争犯罪

第一資料に基づいて、アメリカ軍による高松空襲を独自の研究でレポートします。

高松空襲とアメリカの戦争犯罪

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

高松空襲とアメリカの戦争犯罪



高松空襲とアメリカの戦争犯罪


これまでの、研究でも分かるように高松空襲は、無防備な一般市民が住む住宅街を一夜にして破壊しつくした空襲である。

戦争と言えども、一般市民が生活する空間を破壊して良いのか悪いのかが焦点となる。

 

答えは、一般市民や一般市民が住む建物を攻撃してはいけない。

 

戦争時に一般市民を攻撃の対象にしてはいけない根拠を1つ示したい。

 

ハーグ陸戦条約

1899年にオランダのハーグで開かれた第1回万国平和会議において採択された戦争に関する条約である。内容は戦時でも各国が守るべき事があり、主に捕虜の虐待や非戦闘民、防衛していない市街地の攻撃を禁止する事を定めた国際法である。

 この条約にアメリカは批准している。

 

(ハーグ陸戦条約第25条)

Art.25 The attack or bombardment,by whatever means,of towns,villages,dwellings,or buildings which are undefended is prohibited.

ハーグ陸戦条約第25条・日本語現代語訳

無防備な町、村、住宅に対して、どのような手段による攻撃も禁止する。

この第25条1つとっても、アメリカの国際法違反は明確である。市街地を襲った髙松空襲は無防備な町、村、住宅、住民に対して行った攻撃である事はこれまでの研究で実証されている。

 

アメリカの行いは国際法に違反した戦争犯罪だと言える。

アメリカは第二次世界大戦において、戦争犯罪を犯している。この紛れもない事実は公言すべきだと思う。

 

本土空襲や広島や長崎への原子爆弾投下を正当化する人達がいる。それが日本人の中にもいる事が残念でならない。どの様な理由があろうが、一般市民をターゲットにした攻撃は許されるものではなく、正当化されるものでもない。

 

PR

コメント

お勧め

サイトを維持、充実させる為にご協力をお願いします。

記事を購読お願いします。

クリック

記事を読まれた方はクリック

サイトを運営する活力になります。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R